山形庶民佐久間基金

昭和27年7月に中小企業等協同組合法に基づき、協同組織による地域金融機関として、山形庶民信用組合が創設されました。

設立発起人代表である氏は、常に地域経済の発展と地域文化の振興に寄与すること、共存共栄・相互扶助を柱にして豊かな暮らしづくりをすることを信条とし地域社会に奉仕して参りました。

代表理事として信用組合の「社会のため奉仕する」という使命を果たすため尽力され、その功績により昭和57年秋の叙勲で勲五等瑞宝章を受章されました。

同婦人もまた、社会奉仕の功績により昭和57年春に紺綬褒章を受章されました。

故佐久間氏ご夫妻の「社会のために奉仕する」という信念を継承し、これを永く伝え続けるため「財団法人山形庶民佐久間基金」が設立され、山形県内の学校及び社会福祉事業等への助成や文化活動を行っております。

平成21年2月に合併し新生山形信用金庫となった今も、その信念は変わりなく引き継がれております。

平成28年度贈呈式

  • 社会福祉法人 慈福会
    【レスキュー・キャリーマット6台】
  • 特定非営利活動法人 エンジェル・ハート
    【縦型洗濯乾燥機1式・昇降介護用テーブル1台・食卓椅子ミールターン4脚】
  • 合同会社 ヴォーチェ
    【姿鏡3枚・ピラティスマット5枚・タブレット1台】
贈与品 /